ノートの達人《マインドマップ》

記録や学習だけじゃない。気持ちの整理にも活用できる、マインドマップ。

”脳内ツイート”をマインドマップで見える化する

今日は、朝からずっと、気持ちが晴れませんでした。

何が原因なのかもハッキリせず、
モヤモヤしたままでいるのも気持ち悪いので、
20分ほどの時間を作って、無地のノートに気持ちを書いてみました。

わたしは10年以上、マインドマップを描いています。
文章をつづるための日記を書くときもありますが、
気持ちの整理には、マインドマップが適しています。

まんなかに、「今、モヤモヤしていること」と書いてから、
一気に頭の中の会話を写し取っていきます。
”脳内ツイート”を拾って歩く感覚です。

ごちゃごちゃになった脳内に散らばる言葉を拾い
マインドマップに落とし込んでいくと、
徐々にモヤモヤの正体が浮かび上がってきます。
今日のモヤモヤの出所は、
わたし自身が過去のやり残したことに対するものだったことが分かりました。

そうしてはっきりと理由がわかれば、あとは淡々とこなすだけ。
自分が動きやすいように、スモールステップで達成までの道筋をつけていきます。

カラーペンで、気持ちを書くようになると、
色の効果もあって、心が早く楽になります。

わたしは、ペンは100円ショップのものを使っていますが、
中には30色もそろっているものもあって、
気分で色を変えたいときに重宝します。

のびやかに、大きなノートに描くといいですよ。

マインドマップとは?

マインドマップとは、
思考をまるで木の幹と枝のように広げてアウトプットしていく、
脳の自然な働きを生かしたノート法として世界中で使用されてるものです。

中心にはイラストを描いたり、カラフルに彩ったりして、
右脳を刺激するので、右脳開発としても非常に有益です。

その反面、イラストを描くのに苦手意識がある方や、
左脳人間の方にはとっつきにくく、
いざ習っても使いこなせるところまで落とし込める人は少なく
「習ったけれど、書けない」という方からご相談を受けることもしばしばでした。

せっかく習ったなら、使わなければもったいない!

マインドマップは、記録や学習にはもちろん、
思考の整理にもとても有効なツールです。

使わなければもったいない!

そこで、書けない人が「なぜ書けないのか?」を徹底的にプロファイリングして、
誰でもできるように改良したものが、当所で開講しているマインドマップ講座。
その名も「ノートの達人@量産講座」

これまで、100名以上に指導してきましたが、
なんと受講者全員がたった1日の講座で書けるようになっています。

現在は、講師業がメインのためスクール生のみにしかお教えしていませんが、
今後ご要望があれば、開講を検討していきたいと思っています。

あなたの人生が豊かになる一助になれば幸いです。
今日もあなたを応援しています。

 

 

 

アダルトチルドレン専門セラピスト
林志のぶ

   

-ノートの達人《マインドマップ》

Copyright© Snowy*Heart , 2022 All Rights Reserved.