アファメーション

決断が、未来を引き寄せる

物事には両面があるとよくいいます。

その意味が実感できるアファメーションをご紹介します。

 

私がしたことの反対側に、しなかったことがあることを認めます。

どちらも自分自身の最良の選択によってしたことであり、

しなかったことであることを理解します。

 

 

このアファメーションは、私が今年の後半によく使ったものでした。

子どものいる友人たちと話していると、彼女たちは「妻であり、嫁であり、母である」ことを決断し、生きています。

一方、子どものいない独身の私は、「起業家であり、セラピストであり、歌手である」ことを決断し、生きています。

彼女たちは、家族に支えられ安心感を得ることを受け取っています。

同時に、朝早くお弁当を作ったり、

子どもや夫を送り迎えしたり、姑とうまくやっていくということに責任を負っています。

独身の私の生活は、彼女たちからも言われますが、自由です。

同時に、一人でいる孤独や不安、刺激的な毎日の責任を引き受けています。

朝早く起きて弁当を作ったり、家事をきちんと済ませるなんて、
今の私には体力的にもスケジュール的にも難しくて、それをこなしていく人を尊敬します。

彼女たちからは、自由でやりたいことがやれて、いいなーと言われます。

同時に、PC使ったり、厳しい仕事は無理だーとも言われます。

これは、

差し出すものと受け取るものの種類が違うだけで、
どちらも同じ量の責任を引き受けている
のだと思います。

もう一つのたとえで、

これも今年の経験なのですが

とにかく熱で悩まされて、のども腫れて、休養ばかりしていました。

眠るときは12時間以上ぐっすりです。

起きた時は何もせず「眠っていたこと」を後悔する自分がいました。

ですが、私は皆さんと同じ24時間の中で、「眠る」という選択をして、それを「して」いたのだ、

と理解できてから、自分を責めなくなりました。

確かに、体が徐々に回復しているのですから。

体が必要なことをするために、わたしを眠らせていただけなのだ。

何もやらなかった時間なんて、無いんです。

24時間、何かしらを「して」私は今日も生き続けている。

世間体の決めた”価値ある行動”をしていなかったからといって、責められることはない。

ただ、今日死んでいないということは、

私は生きることを決してやめていなかったということ。

何もしていなかった時間なんて、ない。

何かを必ず、している。

実が詰まった時間を所有している。

その時間を、引き受けたから

あなたには経験が重ねられていく。

今日も何もしてなかったーーー

と、ぼやくのをやめて下さい。

何かをしていた時間が詰まっているはずです。

あなたに、そのとき必要だった何かをしていた時間。

その分、ちゃんと引き受けていたものがあったはずです。

そこに誇りを持って下さい。

 

あなたがもし、自分の選択に、罪悪感を感じて、
誇りを持てないというときは、

「生きる力を取り戻す」11日間の無料メール講座へぜひ登録してみてください。

あなたが感じている罪悪感の出所をプロファイリングして、
誇りを持てる自分に変化できるようサポートします。

 

それでは、今日もあなたを応援しています。

 

 

 

アダルトチルドレン専門セラピスト
林志のぶ

 

 

 

 

 

 

   

-アファメーション

Copyright© Snowy*Heart , 2022 All Rights Reserved.