事例集 トラウマの手放し方 お客様の声

心理分析で、ぶりっ子なインナーチャイルドが丸裸に・・・(汗)

ぶりっ子な自分に気付かされました(;^_^)

今日ご紹介するのは、なりたい自分像が見えているのに、現実が追い付かなくてもどかしい思いをされていた50代女性のHさん。

厳しく支配的だった母親も80代に差し掛かり、もう毒親に縛られる必要もないと、実家とは距離をおいて付き合っていました。

あと一歩、なりたい自分に近づこうと、先月、インナーチャイルド講演会の心理分析を受けにお越しになりました。

心理分析を受けて、一言。

「めちゃぶりっこな私がいるー!!(;'∀')」

みんなにばれてしまい、タジタジです(笑)

大人の自分が、安全が確保された居場所で心の奥を覗いてみると、あら不思議!

飾らない自分が出てきます。

飾らない自分から、人前での自分を眺めてみると、まあ、「ええかっこしい」をめちゃくちゃしていたわけですね。

その「ぶりっ子」ちゃんが、いろいろと現実を滞らせていたようです。

世間体が気になったり、他人の視線や評価が気になったり。

母親とはもう物理的に離れているのに、まだまだ母親が大事にしていた価値観をそのまんま娘の自分もコピーしてしまって、その基準のせいで苦しくなっていたんですね。

そこで、彼女の気づきは・・・・?

「制御不能な幼少期の未完了のわたしの感情が、インナーチャイルドとなって暴れているだけで、大人の私が今もそうしたいわけじゃない」ということでした。

この視点ができると、人は自分を受け入れながら前に進むことができます。

 

インナーチャイルドプログラム解析なら、人生を拓く鍵を自分で見つけられる!

Hさんは、なりたい自分に近づくため、その後「芯出し(インナーチャイルドプログラム解析)セッション」も受けて、具体的な行動を開始しました。

今までならば、人に合わせすぎてその場のムードに飲まれて流されていたのが、自分の意思をはっきりともって、自分で状況をコントロールして、楽しむ余裕が生まれたようです。

また、本当にやりたかったことがわかってきたら、なんと、そのやりたいことを小さく失敗しても大丈夫な環境を用意されて、お試しで、挑戦してみることができたんだそうです。

やっぱり、こういうことがしたかったな~という感触をつかめたので、これからその方面で勉強をもっとして、活躍してみたいという希望が見えてきたようです。

またいつか、Hさんが成果を出したら、何を始めたのか、具体的に皆さんにも報告しますね!

そんなHさんから、皆さんへのメッセージです。

「(ここへ来れば)、なぜか上手くいかないことが、上手く行く鍵が見つかるよキラキラ

母親の呪縛で苦しんできたあなたも、Hさんのようにインナーチャイルドの在り処を見つけて、自分の人生を整えていきませんか?

心理分析をしてからたった1ヶ月で、現実が追い付いてきたHさんのように、あなたの人生を拓く鍵もきっと見つかります。

 

心のモヤモヤを15秒で消す方法をお伝えしている
無料トークセッションでお待ちしています。

 

 

アダルトチルドレン専門セラピスト
林 志のぶ

 

 

 

   

-事例集, トラウマの手放し方, お客様の声

Copyright© Snowy*Heart , 2022 All Rights Reserved.