生きるためのヒント

好きなことをして本当に幸せに生きるための秘訣

ワクワクすれば、勝手にいい結果がついてくる!?

スピリチュアルや自己啓発界隈で時々ある
過剰なプラス思考にうさん臭さを感じつつ
でも気になって、長い間学んできました。

「好きなことを仕事にしよう!」とか
「天命を生きるには好きなことをやればいい!」とか
よく聞きませんか?

あるいは、
「ワクワクすれば自然といい結果がついてくる!」
みたいなテンションの高い成功哲学も
よく聞きませんか?

職業柄、物事の本質を突き詰めて深堀りしていくクセのある私は
テンションの高さが本質とはかけ離れている気がして
あまり好きにはなれませんでした。

「好きなことをする」にハマる落とし穴

わたしはよく講座で、
「Be-Do-Have」という話をします。

『金持ち父さん貧乏父さん』で有名なロバート・キヨサキ氏の
『金持ち父さんのキャッシュフロー・クワドラント』に
出てくる考え方です。

「Be-Do-Have」とは、
「Be=なる-Do=する-Have=持つ」こと。

何かを得ること(Have)をゴールにして、
そのために何か行動したら(Do)幸せになれる(Be)ではなく、
自分はこういう人間になると決め、
自分の在り方(Be)にゴール設定するして、
必要な行動(Do)をとる中で、
複利的得ること(Have)ができるという考え方です。

これを「好きなことをする」に当てはめてみると、
好きなことをする(Do)以前に、在り方(Be)を決めていないと、
やみくもに好きなことをたくさんしようとしても、
あれもこれもと頑張っているうちに、疲弊してしまう
ことになります。

まずは「自分が自分らしく在っていい」という許可を出してみよう!

好きなことをするためには、
「それをしても許される環境」の整備しなければならないと思っている方も多いことでしょう。

おしゃれしたい!
でも、体型が気になる。

映画三昧したい!
でも、そんな時間取れない。

歌手になりたい!
でも、実力が無いかも。

私の場合は、
オペラに出たい!
でも、体力がもつかな?
という不安を抱えていました。

その場合も、好きなことをする前に、
何のためにやりたいのかを明確にしてみましょう。

・誰かにほめられたいから?
・この世界観をわかってほしいから?
・思い通りに過ごしたいから?
・目立ってちやほやされて、うれしいから?

もしかしたら、その欲求の源さえわかってしまえば、
その「好きなこと」にこだわる必要もなくなるのかもしれません。

「自分が自分らしく在っていい」という許可を出せたときに、
はじめて好きなことを純粋に楽しめる。

好きなことをやらないと成功しない、という考えをもっているうちは、
これが本当に好きなことだろうか?といちいち引っかかってしまいます。

「好きなことをする」=「自分が生きたいように生きる許可を自分に与える」こと。

あなたがありのままで生きるためのヒントになれば幸いです。
今日もあなたを応援しています。

 

 

 

アダルトチルドレン専門セラピスト
林志のぶ

   

-生きるためのヒント

Copyright© Snowy*Heart , 2022 All Rights Reserved.